投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

F-14実機の資料用写真(2)

イメージ
インテイクのフチ。このような厚みです。展示機は ドンガラなのでインテイク奥は塞がれています。 タミヤキットはこの銀色部分が別パーツで塗り分けに 配慮されています。でも私は組み付けて摺合せを したかったので塗装前に接着しました。
左主脚の根元。脚庫の、掘りの深い造形に注目です。

同じく左主脚の斜め支柱の根元。このあたりはとにかく ゴツイです。総重量が荷物積みダンプほどの重量がある 機体の着艦を支えるのですから・・素材はなんでしょうね、 やっぱり鋼鉄?
同じく左主脚のタイヤ。この展示機材のものは
グッドイヤーだったかな。

左増槽。胴体ぎりぎりのところに取り付けられています。
主脚とのクリアランスもあまり余裕ないですね。
増槽後方のフチはウスウス+ボルトたくさんです。

左グラブパイロンを後ろから。ダミーのサイドワインダーと スパロー。ミサイルの翼ってほとんど「板っきれ」です。
展示機材の塗装はグラマン社でやり直したわけではなく おそらくここでしょう。地元キャリフォーニヤ。 ちなみに展示機は左右でマーキングが異なります(笑)。 だってほら、 それぞれの飛行隊を紹介してあげたい、からだとおもいます。 どのみちUSS41ミッドウエイは現役時、F-14を運用していません。

左主翼下。展示機は主翼を75度後退させてあります。
右主脚。プラモデルではウエザリングをしないとメリハリが
つきませんが、実機はそのまま白ベタでも良いので羨ましいです。
(ホンモノだから当然か)





F-14実機の資料用写真(1)

イメージ
■F-14の実機写真資料集・・・需要があればご参考に。

機首先端のピトー管AOAプローブ。なんか細かい穴が開いてます。
意外と丈夫そうで、ある時ふと見たら子供が遊んでここに手をかけて
ぶら下がっていました。

機首左横のトンガリ。これもAOAプローブ? とEL編隊灯。
バルカン砲の穴はこのサイズ感。思ったより小さいです。

ピトー管。シャープな形状です。
ラダー引出用の取っ手。左右のクリアパーツは実機内蔵の
バルカン砲展示の都合で、現役の時はもちろん違ってました。

インテークリップの薄さは予想外のものです。

展示機体は脚庫扉(大)はすべて閉じています。 (ほこりよけ?)

このライトの形状、タミヤ1/48はまさしく正確です! まずおおまかな台形のベースがあり、その内側に機首前方に 向かって尖るライト開口部分。
事前情報で見ましたが、1/48AMKさんのCAD図では、ここが かなりテキトーです。

グローブパイロン。これは上下分割です!
あいだの隙間は実在するので埋めちゃダメです。


前脚車輪の付け根。なかなか見ることはないでしょう。


タミヤ1/48 F-14 (8)

イメージ
■垂直尾翼操舵面の塗装とか、各翼前端の銀色塗り。
マスキングにほとんどの時間を費やして、塗るのはちょこっと。


 垂直尾翼は前端の銀と操舵面の紺色を別々に塗るので2段マスク。


今回はモールドがしっかりしていて楽でした。



 写真でなかなかくっきり見せられないですが、
キットのパーツ状態で見ると
「こんな細く浅そうなモールドだと、サフ掛けだけで埋まりそう」
だったのですが、実際に塗ってみると非常にしっかりとした
モールドでした。
モールドが細いけどエッジが立っているからか、塗った後
くっきりと際立ってきます。
さすがに厚ぼったりとした筆塗り重ねなんかやったら
埋まるとは思いますが。



















タミヤ1/48 F-14 (7)

イメージ
■風防の内側のピン痕・・・かなり小さく場所も限定的で
タミヤさんの努力の跡は伺えるのですが、しかしこれは
外側から見える場所です。前から見るとわかっちゃう。















このピン痕は凹んでいるので事実上修正ができません。
(凸痕なら削って丁寧にヤスればOK)
風防自体を内側から削り込んで薄くすれば消せる
でしょうけど、破損する率がかなり高いと思います、
少なくとも私がやれば。

ともかく、今回風防正面のクリアーブルーをきれいに
仕上げたいので風防の処理を保留にしつつ、胴体などの
全体塗装を出来るところまでやってみました。
大がかりな塗装を早めにやってしまいたいのです。
まずはひととおり白くしておいたボディをマスクして















グレイを吹いてみました。


気分を盛り上げたいのでデカールも貼れそうなものから 貼ってます。やっぱりUSAインシグニアは晴れやかですね。 あとで機首アンチグレアや翼前縁シルバーのマスキングが 必要になるのでその周辺のデカールは貼っていません。


悩みに悩んでVF-2にしました。アフター品もありましたが
この純正のデカールが、かなり高品質なので使いたいのですよ。




















タミヤ1/48 F-14 (6)

イメージ
■気になったのが射出座席上部の黄黒ハンドル。

<右がデフォルト>タミヤのこのパーツはボッテリして
いました。ハセガワキットのパーツのほうがシャープです。 なので、左のように削っています。まだ途中。

実際のモノは・・・
けっこう細いんです。垂れてしまっているのは 中古のヘタったものだからでしょうか。

怪しい写真でスミマセン。 実際に座ってみました。高座高を誇る自分ではほとんど ギリです。アビエイターのメットなんか被ってたら、この フェイスカーテンハンドルは握れないと思います。


とにかく少しでも進めるということでホワイトを塗装しています。
後部胴体上部の合わせ目は目立たないですね。 機首の合わせ目は他のパネルラインとなじみます。


上部のグレイやアンチグレアシールドの黒は未だです。 あとの工程で風防パーツを取り付けた後、更に全塗装します。 (このキット、風防パーツと機首の合わせ目がやたらと 目立つ作例が多くて、気になっているんです)




全体のながめはとても良いです!






タミヤ1/48 F-14 (5)

イメージ
■マッハ模型謹製の極小粒鉛を機首にくっつけておきました。
非常にみっともない付け方をしています。

左右分割の機首コーン(しかも先端にAOAプローブ穴もあり)
なので、足場の確保が難しいです。後方に隔壁がわりの
マスキングテープ壁です。
マスキングテープで囲った場所に、ゼリー状瞬間接着剤を事前に 塗りたくってから粒鉛をそっと入れていきました。




ここまで傾いても大丈夫!















機首も接着しました。=このキットの場合前脚の基部を脚庫に
組み込むわけですが・・・あとから前脚本体を接着する方法に
あまり乗り気でない自分は、基部と本体をがっちり接着して
前脚前部を組み込んでいます。

あとの機体塗装でマスキングやら取り回しやらで苦労しそうです。






タミヤ1/48 F-14 (4)

イメージ
■オモリ、要ると思います>タミヤ1/48F-14A



前脚・主脚両方を組み付けられる状態にして仮組しています。 メインの胴体は接着組み立て済みですが機首はまだ 左右を貼り合わせていない上、メイン胴体にも接着していません。

水平面では上の写真のように姿勢を保っていますが、 少しでも載っている土台が後傾すると・・・ 














この通りです。 説明書にはありませんが、機首左右を貼り合わせる前に
機首先端にオモリを入れたほうが良いでしょう。
入れ方は各自それぞれでしょうけど、きちんと機首前端に
貼りついた状態にする必要があります。
普段マッハ模型謹製のツブオモリを使用しますが、このキット
は機首AOAプローブ用の穴があいているので、漏れないように
詰めなくてはいけません。




タミヤ1/48 F-14 (3)

イメージ
■ハセガワ1/48を作っている最中だったため、タミヤの新キットの
良いところをとにかく実感してしまいます。
(私自身はハセガワファンなので、ハセガワのキットもイイ!と言います)

インテイク付近の処理はゲート痕をきちんと削るぐらいで
(パーティングラインも消しますが)OK。
インテイクリップ下端が別パーツになっていますが勘合はとても良いです。
このように事前接着せずに、シルバーに塗装しておいて最後に
接着でも良いかと思います。


機首は仮組です。前脚基部を組み込んで制作を進める
手順となっています。
フェニックスのランチャーはピッタリとつきます(これも仮組)。



ホワイトはとにかく発色が悪いので(しかも透け防止の
下塗りの後に塗ってます)、このあと機体全体塗装の際に
更に上塗り予定です。





タミヤ1/48 F-14 (2)

イメージ
■ハセガワ1/48トムキャットやタミヤ1/35M10のことは
一日たりとも忘れたことはありません。ありませんが・・・ やっぱりタミヤ1/48F-14A、しっかりとしたつくりです。 カチリと組みあがる感じは、過去から連綿と続く 1/48傑作機シリーズの系譜を感じさせます。
あ、主翼組み立てに小さなプラスのドライバーが要りますからね。 (自分は普通にもっていたもので使えました)


試しに風防とキャノピーを仮組。きちんとゲート処理をすれば
バッチリ合います。良いです、これ。



垂直尾翼も組み立てやすく、角度決めもずいぶん
すんなりとできます。





圧巻は機首と胴体の勘合でしょう。

ちょっとこれは、やることが無い感じです。

 風防とキャノピーのΩ断面はお約束です。



 一家に3個ぐらい常備したほうがよいでしょう、このキット。


そうそう、一つだけ疑問が。
このキット、機首にオモリが要るのか要らないのか、
それがわからない。ハセのキットはすでにオモリを入れてます。
過去に作ったF-14は・・・1/72は錘を入れてます。
しかし1/32タミヤのキットでは入れてなかった。(レーダー
パーツさえ入れなかったけど、平気だった)
このキットも特に指定はされていないです。

まあ自分が人柱になればいいか。
飛行機キットは、できるだけ軽く仕上げたいので、多分オモリは
入れてもちょこっと。