投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

ジオラマを仕立てる時に、思うこと

イメージ
コンテストに出品するなら少なくとも目立ちたい!あわよくば
賞を頂きたい、それが出品者の偽らざる気持ちというか
使命!だと思います。綺麗事を言ってても始まらない。

たまたま運良く受賞を重ねただけではありますが、こんな
自分が常に考えている決まりは下記の通りです。


●入手しやすいキットを使う






これは悪い例(笑)


私の自慢の積みキット「トライマスター1/48ドイツ機全17機(×複数あり)」
は、その道の同志に対しては大いに自慢できると思っています。
が、コンテストを眺める一般人には何のことかさっぱり理解できません。
見る人がもしかしたら「自分でも作ってみたいかも」と思った時に
入手しやすいキットなら、すぐ真似てもらえます。
絶版キットで入手困難だった場合、ガッカリされて二度と近づいてもらえません。


●それなりに見栄え良く、例えば喫茶店の入り口に置いても
映える作品を目指す

AFVのジオラマで、バリバリの戦闘シーンとかありますが、正直観る人を
選びます。
戦争反対を声高に言うつもりはないですし、私自身AFVモデルだって好きです。
しかし、ここは世間の女子供様方に歩み寄りが必要だと思います。
「オシャレ」を目指しましょう。

世界の半分は女性のものです。女性を味方につけることは非常に大切です。


●できるだけ人物(フィギュア)を入れて、ジオラマ世界をイキイキとさせる

ろうがんず杯などで気になったのが、「乗り物などはきっちり作るけど
人形が全く無い、あっても書き割りや単色シルエットのもの」が多く見受け
られたことです。
確かにフィギュアの塗装、メッチャ面倒です。あと、上手くいかないと
人前に出すのが恥ずかしいです。

でも、書き割りよりは、せっかくタミヤさんやいろんなメーカーさんから
キチンとしたスケールフィギュアが出ているんだから、作って塗って、
作品に加えたほうがいいです。


・・第1回ろうがんず杯の私の作品に乗せていた「赤城さんコスプレ女子高生」、
あれ、ウチでは「泥人形」と呼ばれていました。正直、出来に満足は
出来ませんでした。顔塗りとか造形が難しかった!

ちなみに第2回の時にも空母上に乗せていた人形があったんですが
それらは「秘宝館」と呼ばれました。少しだけランクアップしたんです。

それでも、第1回の受賞と言うのは、作品の出来の良さではなく
「アイデア」と、泥人形でもいいから…

プラモデルの自由度

イメージ
プラモデル特にスケールモデルがマイナー趣味と
なった理由は
「楽しみ方の自由度が極端に狭まったから」だと
今朝あたりに急に気がつきました。

何を今更ではありますが、そうですよね?

いつの頃からか
スケールモデル=リアルに・ホンモノそっくりに作らなきゃいけない!
という縛りが、物凄くキツくなりました。



上の写真、最初の頃にあげた写真の使い回しですが
こんな塗装、本来許されないんですよね?

でも、
・・・本来、ってなんやねん!



スケールモデラーの、自分を縛る気持ちってもしかしたら凄く
くだらないことではないかと思うのです。

 組立説明書通りの作り方や塗り方自体も悪くないんです、が
それはあくまで楽しみ方の1パターンだと思います。

もっとオリジナリティを追求出来る雰囲気が世のあちこちに
ほしいなあ。

せっかくリアルに良くできた本物そっくりにミニチュアを作れる
素材がある→そのままつくるだけでなく、自分で好き放題
いじくってもエエやないかい!ということです。

IF<もしも>の世界を楽しむことも、模型の醍醐味のはず。

誰にも文句言わせなくていいんです。
人生一度きり。好きにさせてもらいましょ。




ろうがんず杯2017・・・・・!

しばらく投稿できませんでした。
転居したり転職したりで今は時間が思うように取れません。

ろうがんず杯2017も、発表はありましたが参加できるか
どうかは微妙です。行くにも遠くなり休みも取れるかどうか
わからず、です。


しかし、そんなときに限って作品イメージが
スガンと来ました。実はキットも新しく入手し時間がほとんど
無い中、毎日10分でも良いというスタンスでコツコツ制作して
います。

無事に出品できたところで、入賞や佳作を狙うのは
至難の技だとわかっています。同じ人間が何度も何度も
入賞じゃ、出品希望の人がイヤになりますよね。


それでも、また出品したいです。
作品作りに一番集中できるコンテストです。