タミヤ1/48 F-14 (7)

■風防の内側のピン痕・・・かなり小さく場所も限定的で
タミヤさんの努力の跡は伺えるのですが、しかしこれは
外側から見える場所です。前から見るとわかっちゃう。















このピン痕は凹んでいるので事実上修正ができません。
(凸痕なら削って丁寧にヤスればOK)
風防自体を内側から削り込んで薄くすれば消せる
でしょうけど、破損する率がかなり高いと思います、
少なくとも私がやれば。

ともかく、今回風防正面のクリアーブルーをきれいに
仕上げたいので風防の処理を保留にしつつ、胴体などの
全体塗装を出来るところまでやってみました。
大がかりな塗装を早めにやってしまいたいのです。
まずはひととおり白くしておいたボディをマスクして















グレイを吹いてみました。


気分を盛り上げたいのでデカールも貼れそうなものから
貼ってます。やっぱりUSAインシグニアは晴れやかですね。
あとで機首アンチグレアや翼前縁シルバーのマスキングが
必要になるのでその周辺のデカールは貼っていません。



悩みに悩んでVF-2にしました。アフター品もありましたが
この純正のデカールが、かなり高品質なので使いたいのですよ。




















コメント

このブログの人気の投稿

タミヤ1/48 F-14 (2)

タミヤ1/48 F-14A トムキャット (1)

タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕 I型(その3)