2016ろうがんず杯(3)

■2016年10月10日は月曜日祝日、前日に現地入りして満を持して一番乗り(笑)。
どういう結果が待っているかと思うと、正直怖くてたまりません。

3回連続で一番乗りしていますが・・・
なぜそんなに必死なのかと言いますと、自分の作品は毎回めんどくさい形状&
持ち運びが面倒なので、前泊+早めの会場入り・セッティングが不可欠なのです。

当日の10:00~12:00がセッティングタイム。しかしお隣の人が来られると
場所は無くなるので、できるだけ早めに来て済ませてしまいたいのです。

今年も楽しい作品が数多くありました。船舶が減って、航空機(飛行機)が
多くなりましたね。確かにろうがんずの方々は飛行機ファンが多いです。
自分も飛行機ファンです。
ですが、第一回・第二回はお船、第三回は飛行機・・・次は別ジャンルで
出そうかなと思っています。自分を特定ジャンルにしばりたくないのです。

(10月13日現在・・・次のろうがんず杯出品(できれば)のための
キットを準備しました。今回のコルセアを購入したお店で再度購入です。
このまま進められるかな)



他の方の作品
色の綺麗なカルマンギアクーペ。

  
1/48のF-14トムキャット。40cm四方のベースに納まるんですね!
これだったら自分もこのカッコイイ飛行機で出せばよかったと思いました。
(自分が出品したコルセアはカッコ悪いことで有名)



  1/350の空母、USSホーネット。
ジミードゥーリトゥル御大のB-25編隊搭載。甲板色が渋く、リアリティがありました。



かもさん横断中。カモさんも、人も自転車も良いつくりです!
個人的にはこの作品にも入賞してほしかったです。











 ミナミさんフィギュアのおでこに注目。橋桁下が1.8Mで、かなりギリだったのでブツけられたのでしょうか。レパードが渋いです。
この情景は、手前の人やミナミさんが1/20、レパードは1/24、相鉄電車や線路にはパースが付いていて、手前になるほど大スケールになるもので、奥行き感が演出されています。
こちらは赤福や御福ならぬ「百福」の移動販売(宣伝?)車。ベースはタミヤ1/12のミニ。こういうのつくってみたかったんです!
先に作られてしまった・・・フィギュアの表情がすごく良いです。
 屋根瓦があって、なかなかシュールです。
実は運転席にも女性がいます。
上手く撮れなくて残念。
こういう作品、楽しいし、手元に欲しくなります。
サンテックス御大のライトニング偵察機。撃墜してしまったドイツ軍操縦手も実はサンテグジュペリのファンだったという悲劇。

ジャックノースロップさんちのXB-49。1/72キットですね。金属製に見えます、しかし艶あり黒にメッキシルバー塗装です。





自分の作品に載せていた、ハセガワ1/48グラウンドクルーセットの油圧テストスタンド。



コメント

このブログの人気の投稿

タミヤ1/48 F-14 (2)

タミヤ1/48 F-14A トムキャット (1)

タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕 I型(その3)