タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕 I型(その2)
















さくっと形になったので塗装しました。
胴体左半分の透明パーツがオマケで付いているので
それをつかってカットモデルのようなものにしたく、試しています。
マスキングをして、透明パーツを生かせるかな。






胴体内側の桁などはあまり再現されていないですが
とりあえず雰囲気重視です。
胴体右側は通常の塗装です。

プロペラは下塗りで、このあとレッドブラウンになる予定です。
エンジン上部のメンテナンスパネルは外せます。
スゴいパチピタです。
あと、主脚もものすごくパチピタで、今は仮に差し込んでいるだけです。













トムキャットだけでなく、この飛燕も非常に良いキットな予感・・・!



マスクシールはしっかり使えました。これ、自分でカットするんですが
それでも自分には非常にありがたいです。むしろプリカットでないほうが
使い勝手が良いかも。

コクピットはいつものごとく空中勤務者さんを入れます。
マスクしていないほうが地上待機時っぽくなると思いますが
今回はキットのままで作っています。


 主翼の13mm機銃はピンバイスで穴あけ。
(この機体、胴体側に20mm機関砲がついていて翼側は機銃なのです)


胴体左側がスケルトンっぽい仕様です。
完全クリアのパーツのほうがありがたかったかな。



2機めのトムキャットも翼前縁のシルバーを塗ったりしています。




コメント

このブログの人気の投稿

タミヤ1/48 F-14 (2)

タミヤ1/48 F-14A トムキャット (1)

タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕 I型(その3)