タミヤ1/48 F-14 3機目!(3)

前脚庫は箱組の構成パーツをランナーごとホワイトで吹いておくと
非常に効率よく進められます。スミ入れをすると、これだけで十分
という気分です。ディティールアップは、自己満足度を上げるには
良いかも知れませんが、どちらかというと外装の塗装に注力したほうが
良いように感じます。

IRIAF仕様の場合、臨戦態勢のためか空中受油口のパネルは外されていて
受油プローブも常時外に出されているようなので、その仕様で作ります。















イランの機体、と言っても最近はネットのおかげでそれなりに写真が
公開されています。一部ナンバーなどが画像修正で消されていたり、
レドームのクリーム色が薄くなって赤茶色の下地が出ているところも
修正されていたりします。
よくよく観察するとかなり面白いので、再現したいです。
最近の青グレイ迷彩がカッコいいですよね。
おそらく
青=クレオス307に青を混ぜる
グレイ=クレオス306
という感じではないかと思っています。
両者の明度がかなり近い感じです。







コメント

このブログの人気の投稿

タミヤ1/48 F-14 (2)

タミヤ1/48 F-14A トムキャット (1)

タミヤ1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕 I型(その3)